「ラブかつ!」〜出会いがない社会人の恋活を応援します〜

「ラブかつ!」では社会人の恋活について、 恋愛の心構え・出会いの方法・メールテクニック・デートプラン・付き合ってから という各プロセスに分けてアドバイス、応援をするサイトです。

年下の女性とたくさん出会う6つの方法とコツ

      2016/09/26

スポンサードリンク

ネット恋活1

「年下の彼女がほしいんだけど、どっかに出会いないかな〜?」

「年下の女性と出会いたいんだけど、どこにもツテがない、、、」

彼女にするなら年下がいい!という男性も多いのではないでしょうか?

そこで今回は年下の女性と出会う方法とコツについて書いていきたいと思います。

 

男性が理想とする女性に「可愛く甘えてもらいたい」・「男として頼られたい」という願望があり、年下の女性との出会いを求めている傾向にあります。

しかし、「年下の女性と出会いたいなぁ」と思っても、周りにそういった出会いがまったくないことも珍しくありません。

男性しかいない職場だったり、友達の紹介でも同年代の女性しか紹介できないという場合がほとんどです。

女性がいたとしても既婚者であったり、逆に自分より年上の女性であったりします。

まれに新卒の女性社員が配属されてくるようなことがあれば、みんな必死になっての取り合いになることでしょう。

そんな状況で年下の女性を見事勝ち残ることができる人は、きっと女性慣れしていて自分から女性が集まるようなところに参加していけるような男性ではないかと思います。

近年、男性からアプローチを仕掛けるなど、出会いを作り出す行動派タイプが少なくなっているような印象を受けます。

しかし、実は年下の女性と出会う方法は、インドア・アウトドアに限らず探せばいろいろと見つかります。

近場に出会いがない男性が、年下の女性と出会うための方法には以下のパターンがあります。

 

スポンサードリンク

1、社会人サークルに参加する

まずは社会人サークルに参加するという方法です。

社会人サークルは年齢層が高いイメージかもしれませんが、意外にも若い女性も参加しているケースもよくあります。

例えば、スポーツ系の社会人サークルとしては、フットサル・テニス・ゴルフ・スノーボードなどがあります。

実際にスポーツをしなくても、サッカーや野球などスポーツ観戦で好きなチームを応援するという社会人サークルもあります。

同じくアウトドアとして、バーベキュー・キャンプ・ハイキングサークル。

インドア系の社会人サークルとしてはワイン会・食べ歩きや食事会・ダーツ・ビリヤード・ボーリング・料理教室・飲み会やお茶会で趣味の話をする・オンラインゲームのグループなどがあります。

社会人サークルというと、定期的に活動しなければならないという印象があるかもしれませんが、不定期に集まる人数だけで開催するというゆるい雰囲気のところも多いです。

社会人サークルのメリットとしては、趣味の合う年下女性と出会えるというところです。

サークル活動を楽しみつつ、出会いのチャンスを広げていけるという一石二鳥の方法です。

活動しているサークルを探すのは、近場のサークルをネットで探したり、友達に聞いて紹介してもらうのが一般的です。

もしくは、図書館や市役所の掲示板にも社会人サークルのメンバー募集が貼られていたりするのでチェックしてみましょう。

 

スポンサードリンク

2、ボランティア活動をしてみる

さらに学生をはじめ、若い女性が参加しているのがボランティア活動です。

ボランティアにも様々な支援があり、清掃活動から医療や介護などの支援など、男女で協力することも非常に多いのが特徴です。

自然な出会いの場になりやすく、学生のみならず社会人女性の方々が参加しています。

活動中は仲間意識がしっかり芽生えるのも魅力で、協力する体制でのぞむのもボランティアならではで、簡単に仲良くなる雰囲気が作られています。

ボランティアに参加する年下女性の特徴として、社会に貢献したいという意欲とわりとしっかりとしている女性が多いです。

そのため、芯が強くてポジティブな女性と出会えるチャンスになるでしょう。

責任感が強くて優しいなど、ボランティア活動を行う男性に対するイメージも良く、自分磨きにも役立てられれる方法の1つです。

ボランティア活動に興味があれば、一度自分の住んで居る地域で活動しているボランティア団体を探してみてください。

 

3、料理教室に通う

最近は料理男子なる言葉もあるくらいなので、男性が料理教室に通っていても不思議はありません。

特に初心者向けの料理教室がねらいだと思います。

民間の営利目的で行われている料理教室でも良いのですが、意外にも市や自治体で企画された料理教室があったりします。

市が主体の料理教室は経済的にも優しいうえ、そこに参加される女性は市内に在住しているので近場の出会いが見つかるでしょう。

初心者向け料理教室であれば、中には既に結婚を予定している女性もいるかもしれませんが、結婚願望がある特定の交際相手を持たない年下の女性の参加も期待できます。

ここに参加する女性は、料理ができるようになりたいという家庭志向の女性であることが考えられます。

特に一人暮らしの男性としては、料理上手の女性と付き合いたいですよね。

女性との付き合いになれていない人でも、料理を作るという作業を通して作業の手順であるとか、包丁の使い方であるとか、味のつけ方であるとか、特に女性の興味を引く会話ネタがなくても、自然に会話することができます。

また、料理教室はグループワークで作業することが多く、料理を作るという1つの目的を達成するためにお互い協力し合うことになるにで、親密になれる可能性が高いです。

料理ができるようになりたいという考えを持っている男性は、相手の女性から結婚したらきっと家事を手伝ってくれる男性だと思ってもらえるので好印象になりやすいです。

料理を作り終えたあと、その料理を一緒に食べることになります。

このときにも出来上がった料理の話をすれば、間が持たないという事態にも陥ることもありません。

何度か通って仲良くなったら、おすすめのお店に食事に誘ってみるという自然な流れでデートもできます。

 

4、マッチングアプリや婚活サイトを使う

年下の女性に出会う方法の1つとして、マッチングアプリや婚活サイトを使うという手もあります。

マッチングアプリを使えば、スマホで効率良く年下女性を探すことができます。

なぜ効率がいいのかというと、マッチングアプリのユーザーを条件指定しながら検索できるからです。

例えば、20代前半だけとか、20代後半までの女性だけを検索結果に表示させることができます。

他にも住んでいる地域はもちろんのこと、体型など細かい条件も指定して検索できるようになっています。

これらの検索条件をうまく利用していけば、自分のタイプである年下女性を見つけやすくなるというわけです。

また、最近では会員登録だけなら無料というマッチングアプリも増えていて、お試し感覚で利用できます。

実際に料金が発生するのは、女性会員とメッセージのやりとりをするときに有料会員に登録してからです。

有料会員も定額制で一定の金額しかかからないので、後から請求が来るというような心配もないでしょう。

その中でも僕がおすすめしているのは、Facebookを活用した新しい出会いアプリの「ペアーズ」です。

ペアーズは現在の累計会員数が300万人を突破、マッチング数は1500万組にもなる日本最大級のマッチングアプリになっています。

Facebookを活用していると言っても、アカウントだけでFacebookには一切投稿されません。

ペアーズ内で活動するときは本名ではなくイニシャル表記になっていますし、Facebookの友達にもバレないようになっています。

以前はomiaiというアプリもおすすめでしたが、退会処理が非常に面倒くさくなったのでおすすめできなくなりました。

ペアーズはFacebookのデータを活用していることもあって、真面目に恋人探しをしている男女が圧倒的に多いマッチングアプリとして有名です。

詳しいレビューはこちらに書いてあるので、参考にしてみてください。

Facebookを活用した新しい恋愛マッチングアプリ「ペアーズ」

結婚を見据えた出会いがほしいのであれば、ゼクシィ縁結びなどの婚活サイトで出会いを探してみるのもいいでしょう。

 

5、合コン・街コン・婚活パーティーに参加する

巷ではさまざまな恋活がありますが、出会いを目的としたイベントがあります。

それは合コン・街コン・婚活パーティーなどに参加するという方法です。

この中に合コンも含まれていますが、年下の女性と出会うには企業が主催しているパーティへの参加も考慮する必要があります。

まず合コンですが、最近では男女グループの合コンをセッティングしてくれるサービスがあります。

こういった形を取ることで幹事に頼む必要がありませんし、普段出逢わない年下女性と出会うことができ、自分のネットワークでは知り合えない人と出会うことができます。

こういった合コンマッチングサービスでは、相手のグループのおおよその年齢が公表されているケースもあるので、狙って年下の女性と合コンをすることが可能です。

次に、街コンへの参加です。

街コンに参加する年齢層としては圧倒的に20代が多いです。

つまり20代後半や30代の方であれば、高確率で年下の女性と出会うことができます。

ただし、街コンでは年齢が公表されているわけではないので、自分で探りを入れる必要があります。

年下女性との結婚願望があるなら、婚活パーティへの参加もありです。

婚活パーティは基本的には年齢層を絞っているケースが多いです。

しかも参加の際には身分証の提示が必要になるので、年齢を詐称しているというリスクもないです。

特のこの方法は30代以上の男性の方に有効です。

30代前半と20代後半との出会いを斡旋している婚活パーティが多いからです。

これらの方法を組み合わせていけば、きっと可愛い年下女性と出会うチャンスが見つかります。

 

6、デートでは大人の余裕を持ってエスコートする

出会いに繋げるためには、出会い探しと同時に自分磨きも怠らないことが大切です。

年下の女性の心理には、年上の男性は頼り甲斐があるイメージがついています。

受け身の姿勢などの消極的になってしまうよりも、チャンスがあれば積極的にアプローチしていく攻めの姿勢に徹することです。

この年代の男女が一番恋愛に発展しやすいということもありますが、年下女性が年上男性に求めているのは経済力と大人の余裕です。

年下の女性とのデートでは、基本的にほとんどのデート代をおごることになるでしょう。

ここで年下の女性に「割り勘で」という態度を示したら、幻滅されてしまいます。

必ずしも全額をおごる必要はありませんが、多めに払うようにします。

例えば、晩ご飯の代金を全部こちらが払って、その後でカフェに行くようであればお茶代を出してもらうくらいの割合でもいいでしょう。

そして、年上の男性と付き合いたいと思わせるために、大人の余裕を見せましょう。

年下の女性は年上の男性に一種のあこがれのようなものを持っています。

「同年代の男性では幼く見えてしまって、付き合う気になれない、、、」という女性もいるくらいです。

なので、年上ならではの余裕感・スマートさを持ってアプローチすれば、かなりの高確率で年下の女性を落とすことができます。

では、「どうやって大人の余裕を持ってアプローチすればいいの?」ということですが、それはさりげないエスコートをすることです。

エスコートとは、デートで女性が望むことをさりげなく叶えることです。

この「さりげなく」というのがポイントになります。

ドヤ顔でいかにも「見て欲しい!!」という態度でエスコートしても意味がありません。

かえって余裕感がなくて、必死さだけが伝わってしまうだけです。

これにみよがしにするのではなく、あくまで自然に、ふと気づいたから行動してみたくらいの平静を装ってエスコートしましょう。

エスコートするイメージとしては、女性をお姫様のように扱うことです。

女性は口にこそ出しませんが、誰しも「お姫様のように扱ってほしい」と願っています。

年下の女性であれば、なおさらです。

お姫様のように素敵な男性にエスコートされることを望んでいます。

具体的な行動例で書いてみると、

・待ち合わせには先についておく・ファッションや髪型などほめるべきところはほめる

・デートでは女性をやたらと歩かせない・歩くときは歩調を合わせる・車道側を男性が歩く

・足元が不安定な場所では手を差し伸べる・途中で「疲れてない?」など気遣いをする

・疲れたかなと思ったらカフェで休憩する・事前に好きな食べ物やジャンルを聞いておく

・お店のドアは開けてあげる・席は静かな場所を選ぶ・ソファ席があれば女性を座らせる

・メニューは先に見せてあげる・取り皿は率先して渡す・会計は先に済ませる

・トイレは自分が行きたいふりをする・サプライズでプチプレゼントを用意する

・寒そうならジャケットを貸す・帰りの時間は気にしてあげる・帰りは駅まで送る

こうやって具体的な行動で女性を楽しませることができたら、エスコートは完璧だと言えるでしょう。

ただ、エスコートに慣れていないと、最初からこれらの行動がさりげなくできるわけではありません。

こればかりはノウハウを知っているだけではダメで、女性とデートをしていく中でちょっとずつ身につけていく必要があります。

そのために年下女性との出会いを増やして、少しずつ実践してみてください。

そうすれば、自分でも驚くくらい自然にエスコートすることができるようになります。

▼まずは無料会員をためしてみてください▼

本当に出会いがなくて困っているという方は、恋愛・婚活マッチングアプリのペアーズを使ってみてください。

ペアーズを使えば、すぐにでも素敵な恋人探しができるようになります。

もちろんFacebookの友達にバレてしまう心配はありません。

会員登録は無料なので、どんな人がいるのかを見てみるだけでもおすすめです。

▼会員登録はこちら▼

Facebookで恋活・婚活【pairs】

このページから多くの男女が会員登録してくれています。

無料でためすことができるので、出会いがないと悩んでいるのに利用しないのは損していますよ。

pairs

 

 

スポンサードリンク

 - 出会いの方法