「ラブかつ!」〜出会いがない社会人の恋活を応援します〜

「ラブかつ!」では社会人の恋活について、 恋愛の心構え・出会いの方法・メールテクニック・デートプラン・付き合ってから という各プロセスに分けてアドバイス、応援をするサイトです。

姉が出会いアプリで彼氏を作るまでの体験談

      2016/09/26

スポンサードリンク

ネット体験談1

「出会いアプリってなんだか怪しいイメージだなぁ、、、」

「まったく出会いがないんだけど、出会いアプリって正直使えるの?」

スマホが普及するにつれて、出会いアプリを使う人も増えてきました。

でも、正直出会えるかどうか不安ですよね。

今回は出会いアプリを使って彼氏を作ったという体験談を紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

1、姉は会社と自宅を往復するだけの毎日だった

「社会人になって、会社と自宅を往復するだけの毎日で、休みの日でも自宅で過ごすことが多かった姉は、なかなか彼氏ができませんでした。

そんな姉が素敵な彼氏をゲットした方法が、ネットの出会いアプリなんです。

ここでは、姉が彼氏に出会った体験談をご紹介します。

会社帰りに駅前でティッシュ配りをしていて、出会いアプリの広告が入ったポケットティッシュを受け取ったのがきっかけです。

世の中、どこにどんな出会いの種があるかわからないですよね。」

 

「なかなか彼氏ができない、、、」と悩んでいる女性の多くの場合は、出会いがないことが原因です。

学生のときとは違って、社会人になると身近に出会いがありません。

ふと気づいたら「あれ?私って家と会社を往復しているだけかも。。。」の毎日になってしまいます。

もし身近に出会いがない場合は、出会いアプリを使ってみるのもいいでしょう。

出会いアプリのメリットは、いつでもどこでも出会いを探せるという点です。

ちょっとした空き時間でも家でごろごろしながらでも出会いを探すことができます。

現代はスマホが普及しているので、こういった出会いも一般化しつつあります。

 

スポンサードリンク

2、出会いアプリを利用している男性は多種多様

「姉の背中を後押ししたのは、女性は無料で利用することができると広告に書いていたからです。

たいていどこの出会い応援アプリでも、女性は登録無料で利用することができるみたいです。

登録するとその日のうちに、6人の男性からメールが届きました。

それらのメールを私も見せてもらったのですが、チャラチャラしていて女慣れしているって感じる人もいれば、真面目な文面の男性もいました。

中には、H目的ですぐに会いたいなんていう、論外なメールの男性もいました。」

 

出会いアプリのいいところは、女性が無料で使える点ですね。

基本的に出会いアプリは男性が有料になっており、その料金で運営しているものがほとんどです。

その中でも僕がおすすめしているのは、Facebookを活用した新しい出会いアプリの「pairs」です。

pairs(ペアーズ)は現在の累計会員数が280万人を突破、マッチング数は1370万組にもなる日本最大級の出会いアプリになっています。

このペアーズも男性は有料ですが、女性は無料で使うことができます。

Facebookを活用していると言っても、アカウントだけでFacebookには一切投稿されません。

ペアーズ内ではイニシャル表記になっていますし、Facebookの友達にもバレないようになっています。

詳しいレビューはこちらに書いてあるので、参考にしてみてください。

Facebookを活用した新しい恋愛マッチングアプリ「ペアーズ」

私はFacebookのアカウント持ってないんだけど、、、」という方は「ラブサーチ」という出会いサイトもおすすめです。

こちらは運営歴が14年と長く、累計会員は145万人を突破している出会いサイトです。

運営歴14年の実績がある恋活サイト「ラブサーチ」

結婚を見据えた出会いがほしいのであれば、ゼクシィ縁結びなどの婚活サイトで出会いを探してみるのもいいでしょう。

 

そして、出会いアプリでは女性が有利な市場になっているので、登録すれば男性のほうからアプローチがあります。

女性はアプローチされた男性の中から自分に合いそうな男性を選べばいいだけなので、非常に楽だと思います。

その分、男性のほうが頑張らなければなりませんが、、、(汗)

とはいえ、自分のプロフィールを書いたり、写真を載せるくらいは必要になります。

もちろん個人情報は厳重に保護されていますし、アプリの中では匿名で活動できるようになっています。

さて、アプリを使っているといろんな男性からアプローチが来るはずです。

本当にいろんなタイプの男性がいて、チャラい感じの男性から真面目に出会いを探している男性もいます。

この方の言うように、エッチ目的の残念な男性もいるのでそこは注意が必要です。

すぐに会おうとか、ちょっと遅めの時間にだけ会いたがる、いきなりお酒を飲むデートコースを組んでくるなど、下心が見える男性には要注意です。

そんな残念な男性にひっかからないためにも、自分で相手を見極める判断が必要です。

チャラくて下心丸出しな男性はスルーして、真面目に出会いを探してる男性からのアプローチを待ちましょう。

 

3、丁寧な長文メールの男性とやりとりが続く

「それからも複数の男性からメールが届き、姉にアドバイスを求められて、いつも500文字の制限文字数ギリギリまで、長文でメールを送ってくる男性がいいんじゃないかと答えました。

姉もその男性が気になっていたようです。

長文で丁寧な文章の固いメールから、真剣に彼女を探しているって感じたそうです。

お互い長文のメールのやり取りを繰り返すうちに、すごく気になる存在になり、会ってみたくなったそうです。

私もこんな真面目な文章を書く男性が、どんな顔をしているのか興味津々でした。」

 

最初にメールした人といきなり会おうとするのではなく、何人かの男性とメールのやりとりをして判断するといいでしょう。

この方のお姉さんは長文で丁寧なメールを送ってくれる男性を選んだようですね。

メッセージのやりとりは人それぞれなので、これは好みとプロフィールを見て判断してみてください。

ただし、どのようなメッセージのやりとりをするにせよ、真面目に出会いを探していそうな男性を選ぶことです。

プロフィールから受ける印象とメッセージのやりとりを何度かしてから会ってみましょう。

 

 4、気になった男性と会ってみることに

「とうとうその男性から、「一度会って、お話しませんか」というお誘いメールが届き、昼間にカフェでランチをすることになりました。

やはり、メールの印象通りいかにも真面目そうな男性で、食事と摂りながら話していくうちに、その印象は確信に変わったそうです。

姉はどちらかといえば真面目で内弁慶タイプで、ノリの良い、テンションのやたら高い社交的な人とはあまり合わないのですが、落ち着いた雰囲気のその男性とは、初対面でも楽しく会話することができたそうです。」

 

プロフィールや写真、メッセージのやりとりだけではどんな人なのか完全には分かりません。

やはり気になった人とは、一度会ってみてから判断するのが一番です。

一度会ってみませんか?となったときにランチをしてみるのは定番ですね。

不安な方は夕方や夜のディナーで会うよりも、休日昼のランチで会うことをおすすめします。

食事を食べながら話をしていけば、その男性がどんな人なのか分かってくるでしょう。

いくらお互い真面目に出会いを探していても、人と人との相性はあります。

メールで盛り上がったとしても、会ってみたら「あれ?なんか違うな、、、」ということもあり得ます。

もちろん逆に「会ってみてもやっぱり良さそうな人だった!!」ということもあります。

こればかりは実際に会ってから判断してみましょう。

 

 5、ついに姉に彼氏ができた

「結局、その男性が今の姉の彼氏です。

休日でも自宅で過ごし、あまりお出かけすることのなかった姉が、今では毎週のように彼氏と出かけています。

インターネットが普及して、当たり前になった現在では、ネットで知り合って付き合い出したり、結婚するカップルも少なくありません。

私は、中3の時から付き合って丸4年の同級生の彼氏がいるのですが、もし彼氏がいなかったら、出会い系サイトの利用もありかなって思います。」

 

最終的にこのお姉さんは、その男性と付き合うようになったみたいですね。

彼氏ができると一気に生活が変わることはよくあることです。

どんな出会いをしようが、それはきっかけに過ぎません。

本当は「付き合ってから」、あるいは「結婚してから」が大切なんですよね。

そのためにはまず出会いを作ることから始まります。

今まで出会いアプリを使ったことがない方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

▼まずは無料会員をためしてみてください▼

本当に出会いがなくて困っているという方は、恋愛・婚活マッチングアプリのペアーズを使ってみてください。

ペアーズを使えば、すぐにでも素敵な恋人探しができるようになります。

もちろんFacebookの友達にバレてしまう心配はありません。

会員登録は無料なので、どんな人がいるのかを見てみるだけでもおすすめです。

▼会員登録はこちら▼

Facebookで恋活・婚活【pairs】

このページから多くの男女が会員登録してくれています。

無料でためすことができるので、出会いがないと悩んでいるのに利用しないのは損していますよ。

pairs

 

 

スポンサードリンク

 - ネットでの出会い, 出会いの方法