「ラブかつ!」〜出会いがない社会人の恋活を応援します〜

「ラブかつ!」では社会人の恋活について、 恋愛の心構え・出会いの方法・メールテクニック・デートプラン・付き合ってから という各プロセスに分けてアドバイス、応援をするサイトです。

恋愛の賞味期限は3年から4年?:なぜ男女の恋愛感情は冷めるのか

      2015/12/13

スポンサードリンク

恋愛の賞味期限は3、4年と言われています。恋愛が長期間に及ぶと相手にドキドキしなくなってきます。付き合い始めは会うだけでもドキドキワクワクしますよね。そばにいるだけで幸せな気分になれたのに、今はさっぱりというカップルの悩みが多く寄せられます。

なぜ出会った頃の新鮮な気持ちは失われてしまうのでしょうか?また、そうなってしまった時どうすれば良好な関係を続けていけるのか?

今回は恋愛の賞味期限、男女の気持ちが冷める仕組みとその対処法について書いてみたいと思います。

 

1、恋するとドキドキする仕組みを理解する

まずはなぜ恋をするとドキドキするのか科学的に見てみましょう。恋に落ちると脳内からPEA(フェニルエチルアミン)という興奮作用のある神経伝達物質が放出されます。PEAが放出されると気分が高揚し、一種の陶酔状態になるとされています。さらに意識を集中させるドーパミンなどの働きとあいまってハイな状態を作り上げます。このように自分を興奮させる物質が脳内から出てくる状態が恋愛においてドキドキする大まかな仕組みです。

しかし、情熱的な恋もやがて終わりを向かえます。脳内の興奮作用のある神経伝達物質は同じ相手と付き合って3年〜4年ほど経つと徐々に放出レベルが低下し陶酔状態が続かなくなってきます。これは同じ条件下でドキドキワクワクすることに体が疲れてきてしまうからだと考えられています。恋に落ちるのは一種の興奮状態であり、いつまでもその状態を保っていられなくなるわけです。

ドキドキするということは自分が非日常や緊張感の中にいる証拠ですよね。しかし、毎日のように顔を合わせていればそれが当たり前の状態になります。あたかも空気のようにあって当たり前、傍にいて当たり前のように思い込んでしまいます。

毎回のデートがマンネリ化、パターン化することによって飽きてしまう。相手に喜んでもらおうとする努力をしなくなっていませんでしょうか?他にも相手の素の状態が徐々に見えてくる期間でもあります。

同じ相手とずっと一緒にいると男性は多様な子孫をできる限り残したいという本能が働きます。性的な衝動ともいえる遺伝子プログラムによって浮気してしまったり、何人もの女性と関係を持ってしまうわけです。

このように長く恋愛関係を保ち続けるためには肉体関係や物質的な利害関係だけでは十分満足できないことがお分かりいただけたかと思います。外見や経済力などの外面ではお互い長く続かないのです。

では二人のどちらかの恋愛感情が冷めてしまったらどうするべきでしょうか?

 

2、恋を愛に成長させる

お互いの人間性や価値観を認め合うことが最も大切になると僕は思っています。そのためには過剰に期待せず、自分の中で相手の理想像を勝手に作らないことです。互いにダメなところがあるのは当然です。完璧な人間なんてこの世にいません。いいところも長く一緒にいれば当たり前のようになってしまう。

そうゆう基本的なところからもう一度見直してみてはいかがでしょうか?本当にこの人に尊敬すべき点が一点もないのか?を改めて思い返してみることです。

もしくは自分自身を振り返ってみて、いつの間にか相手を思いやる気持ちをなくしてしまっていないかどうかを。もしかしたら、マンネリ化するのは自分が成長できていなくて、毎日がつまらなくなっているのかもしれませんよ。

相手のせい、相手のせいと思っていてはどんどん気持ちも冷めていくものです。そう思えば思うほど嫌なところしか見えなくなります。もしそれを止めたいのなら、恋が終わった状態から愛という形に成長させてみませんか?植物が成長するように人の気持ちも成長して実を結ぶんだと思います。

その努力をしたうえでこれ以上はもう無理!となってしまったなら、別れるという選択もあると思います。恋愛は無理してまで続けるものでもありません。

じゃあ愛に成長させる方法はどうすればいいの?というと、

まずは自分の幸せ感度を高くしてみましょう。嬉しい気持ちや楽しい、喜びの感情を小さなことから見つけていくことです。特に感謝することはとても大事です。最初はどんなことでもいいと思います。何かに感謝することによって当たり前だと思うことが特別なことに思えたり、嬉しいことや喜ぶ気持ちを見つめ直せるきっかけになるかもしれません。

なんだか精神論みたいですが、恋愛そのものが精神に関係してます。もちろん肉体関係もありますが、究極的には精神と内面に向かっていくことだと思います。恋は内面に向かっていき愛情になる。そうやってどんどん内側へ向かっていったときにこの人と出会えてよかったなと思えるかどうかです。

もうひとつはお互いに喋る時間を設けてみてはいかがでしょうか?内容はどんなことでもいいと思います。お互いが向き合う時間を少しでも共有することです。そうやって互いの内側へ向かっていった結果、どうなるかは二人の問題になります。

恋はいつかは冷めてしまいます。でもそれは恋が愛へと変化していくために必要なことです。相手にとってかけがえのない存在であるか、自分にとってかけがえのない存在であるかを確かめる作業でもあります。愛は幸せだと思う感謝の気持ちを育てることなのかもしれません。もしこの記事を見て、もう一度向き合ってみようと思っていただける方がいてくれたら幸いです。

 

まとめ

・恋愛の賞味期限は3、4年と言われている。それは脳内の興奮作用のある神経伝達物質は同じ相手と付き合って3年〜4年ほど経つと徐々に放出レベルが低下し陶酔状態が続かなくなってくるからだと考えられている。つまり、長く恋愛関係を保ち続けるためには肉体関係や物質的な利害関係だけでは十分満足できない。

・お互いの人間性や価値観を認め合うことが最も大切になる。自分自身を振り返ってみて、いつの間にか相手を思いやる気持ちをなくしてしまっていないか省みる。そのためには嬉しい気持ちや楽しい、喜びの感情を小さなことから見つけていく。恋愛には肉体関係もあるが、究極的には精神と内面に向かっていくこと。もうひとつはお互いが向き合う時間を少しでも共有する。恋はいつかは冷めてしまうが、それは恋が愛へと変化している途中なのかもしれない。

他にもこのような記事が読まれています。

・長く付き合うためのコツは相手を受け入れる心

・男女の違いを意識することが相手の理解に繋がる

・彼女へのプチプレゼントで日常に喜びを

・花束は女性への最高のプレゼント

・長く付き合うことによるすれ違いを解消するには

・サプライズか一緒に買うか?上手なプレゼントの渡し方

・喧嘩した時の上手な仲直りの仕方と心構え

・長く愛されるためには相手の心をコントロールしない

・付き合ってから大切なことは信頼感を築くこと

・理想の恋愛をするためには相手を輝かせること

・相手に依存しない恋愛をするために必要なこと

・男性から見て結婚できる相手か見極めるためのポイント

・結婚と恋愛との違い:恋人と結婚するために必要なこと

・素敵な男性と幸せな結婚ができる女性の条件と考えるべきこととは?

スポンサードリンク

 - 付き合ってから , , ,