「ラブかつ!」〜出会いがない社会人の恋活を応援します〜

「ラブかつ!」では社会人の恋活について、 恋愛の心構え・出会いの方法・メールテクニック・デートプラン・付き合ってから という各プロセスに分けてアドバイス、応援をするサイトです。

元カレと復縁するには少しずつ関係を縮めてやり直していく方法をとる

      2015/12/14

スポンサードリンク

彼氏できない

大好きな彼と別れてしまった、、、

でも、できることならもう一度元カレとやり直してみたい!!

元カレと別れても復縁してよりを戻したいと思っている女性は多いようです。

じゃあどうしたら復縁できるのでしょうか?

今回は元カレと復縁する方法について書いてみたいと思います。

スポンサードリンク

1、復縁するためには別れ際にこじれないこと

まず、元カレと復縁するためには別れ際がどうだったのかが重要です。別れそうになった時、無理に引き止めたりして関係をこじらせないようにしましょう。

別れるときにゴタゴタしているとその後も復縁しにくくなります。世の中の男性は面倒くさい女性が苦手なものです。別れ際は記憶に残りやすいものですから特に注意しなければなりません。

確かにまだ好きなのに別れ話を受け入れるなんて悲し過ぎて無理なことかもしれません。どうにかして彼の気持ちを取り戻したい、繋ぎ止めたいという想いは痛いほどよく分かります。

しかし、無理に繋ぎ止めて付き合ったとしても結局は別れてしまうものです。恋人の感情までは完璧にコントロールできません。

できるのは自分の好きな想いをぐっと我慢してできるだけ円満に済ませることだけです。現状で恋人との関係が修復不可能だとしても、別れ際はアッサリと円満な別れになるようにしておきます

あとで復縁したいのなら、ここはとりあえず距離を置いておくという認識にしておきましょう。感情に支配されたまま行動してもいい結果は得られません。復縁したいならばなおさら冷静に行動する必要があります

そうは言っても、元カレに他に好きな女性ができた場合は復縁が非常に難しい状況です。下手をすると都合のいい保険的な扱いをされる可能性もあります。慎重に物事を判断して後悔しないよにしてください。

 

スポンサードリンク

2、まずはお互いの気持ちが落ち着く期間を設ける

別れた際は冷静に関係を見つめ直す期間を用意しましょう。今までは当たり前のように一緒にいたことも別れてしまうとその大切さに気付くこともあります。

恋人同士だったときのことが当たり前じゃないことを元カレが気付いてくれるのを待つのです。離れることによって今までの関係が大切なものだったと思ってくれるように冷静に思い直す時間が必要です。

別れる理由でよくあるのが「好きかどうか分からなくなった」です。それは自分の気持ちを一度ゆっくり整理したいという期間の現れでもあります。特に男性は自分一人きりになって物事を考えたい生き物です。元カレが冷静に付き合っていたときのことを振り返るための時間を待ってみましょう。

そんな焦れったいことなんてしたくない!自分の想いを伝えれば気付いてくれるはず!これは絶対にしてはいけません。

貴方の想いを受け取っても気持ちが離れている状態だと重いと感じてしまうだけです。きっともう一度私のこと好きになってくれるはずというのは残念ながら思い込みになってしまいます。

逆になんともなかったかのようにさらっとした感じになると元カレもあれっ?と肩すかしを感じます。もう吹っ切れてるんだと逆に気になるし、元カレに警戒心を抱かせないようになる効果があります。

この期間でなぜ別れることになってしまったのか原因を見つめ直しましょう。元カレの悪い点や相手に原因があるのではと探るのではなく、貴方自身を見つめ直すのです。元カレは貴方のどこかが嫌になって別れることを決めたはずです。悔しい気持ちがあるかもしれませんが、自分を省みて至らなかった点を探しましょう

それには本当にもう一度元カレと復縁して付き合いたいのかを自分自身に問い直すことも大切です。本当に元カレともう一度付き合いたいという想いがなければ復縁する意味もありませんよね。

結局付き合ってもまた同じことが原因で分かれてしまう可能性が大きいからです。分かれる原因が何だったのかよく見つめ直してから元カレと復縁する方法を試してほしいのです。

復縁の難易度は基本的に高く長期戦になります。相手は貴方と別れることを選んだのです。それは愛情が0に近くなっていることを示します。そこからもう一度貴方に振り向いてもらうためには長期的な関係の見直しが必要です。

また、復縁が本当に幸せに繋がることなのかを真剣に考えましょう。新たな出会いを求めるべきなのか、それとも復縁することにこだわっているだけなのか。それを決めるのは貴方自身ですが、自分と相手の幸せに繋がるような行動を選ぶようにしたいものです。

もし新しい恋人がいるなら素直に諦めたほうがいいかもしれません。とても悔しいし、悲しいことですが諦めも肝心です。一人の男に固執する必要はどこにもありません。世の中にいい男はまだたくさんいることも覚えておいてください。

 

3、好き好きアピールをせずに徐々に関係を構築する

復縁する際に好き好きアピールは決してしないようにしましょう。元カレが自分に対してまだ好意があると知られると一歩引いてしまいます。まだ好きで復縁したいと思っていることはできるだけ隠すようにしてください。想いを告げるのは復縁できると確信できたときだけです。それまでは平然と友達のような関係に留めておきましょう。

そのためにも心に余裕を持たせることが大切です。どうしても元カレと復縁したい!あの人じゃなければダメだ!という想いは自分の視野を狭くしてしまいます。心の片隅でもいいので他にももっといい人がいるということも忘れないでください。そうすることによって心にゆとりができます。

余裕感があるだけでも復縁できる可能性は上がります。また、新しい恋に挑戦してみる選択肢だってあるのです。それでも元カレが忘れられないのなら復縁にチャレンジする甲斐があります。

復縁する際にはある程度時間が経ってから連絡を取りましょう。別れてから1ヶ月前後、最低でも2週間は空けるようにします。この間に気持ちを整理して復縁してみるかどうかを決心しておきます。

それからメールで「最近元気してる?」など軽い話題で連絡を取ります元カレに返信する気があるのならメールが返ってくるはずです。返信があればそれから少しメールのやりとりを続けるようにしていきます。

ここでメールが続くようなら会うチャンスがあるということです。「久しぶりに一度お茶かご飯でも食べに行かない?」と誘ってみましょう。会う時にはまだ好きなことは絶対に隠しておいてください。あくまでもう吹っ切れたようになんでもない感じを装います

その日は食事かお茶だけしてさっと帰るようにします。ここまではあくまで会うのが目的です。それが達成できたら、少し間隔を空けてはご飯に行ったり遊びに行ったりできるように誘ってみます。

ここまでは友達のような距離感を保ちましょう。何度も遊びに行けるようなって、初めて距離感を徐々に縮めていく努力をしましょう。このときも決して焦ってはいけません。少しずつ距離を縮めていけるように2人で会えるデートチャンスを作っていきます。ここまで順調にいけたなら元カレにも復縁する気があるかもしれません。

もう一度やり直せると確信できるようになったら復縁を切り出してみます。ただし、復縁したいからと言って無理矢理迫ってはいけません。無理に迫れば迫るほど相手の気持ちは離れていくからです。

最悪の場合はストーカーと思われてしまうこともあり得ます。相手の気持ちも尊重しつつゆっくり関係を元に戻していく努力が必要です。感情的になって相手に復縁を迫っても何もいいことがないことを認識しておきましょう。

ただし、必ず復縁できるという方法はどこにも存在しません。人と人との巡り合わせは運命的なものも中には存在します。どんな出会いにも無駄がないように、どんな別れにも無駄がありません。例え恋人関係でなくなったとしてもそれまでの思い出は必ず残ります。人の縁を大切にしながら恋愛を楽しんでいただければ幸いです。

 

まとめ

元カレと復縁するためには別れ際も肝心です。別れ話がこじれて気まずい関係になることだけは避けましょう。円満に別れることから復縁は始まります。

別れた後は冷静に復縁したいのかを考える期間を設けます。なにが原因で別れることになったのかを見つめ直します。原因を修正せずに復縁できたとしても同じ原因で再び別れてしまうこともあります。

復縁は好き好きアピールを絶対にしてはいけません。しつこく迫られるほど元カレは引いてしまいます。少しずつ徐々に関係を修復していく作業が必要です。ただし、絶対に復縁できる方法はありません。人と人との縁を大切にしながら恋愛を楽しむことも大切です。

他にもこのような記事が読まれています。

・長く付き合うためのコツは相手を受け入れる心

・男女の違いを意識することが相手の理解に繋がる

・長く付き合うことによるすれ違いを解消するには

・喧嘩した時の上手な仲直りの仕方と心構え

・長く愛されるためには相手の心をコントロールしない

・付き合ってから大切なことは信頼感を築くこと

・相手に依存しない恋愛をするために必要なこと

スポンサードリンク

 - 付き合ってから ,