「ラブかつ!」〜出会いがない社会人の恋活を応援します〜

「ラブかつ!」では社会人の恋活について、 恋愛の心構え・出会いの方法・メールテクニック・デートプラン・付き合ってから という各プロセスに分けてアドバイス、応援をするサイトです。

デートで初キスするための場所選びとキスの仕方

      2016/04/15

スポンサードリンク

キスの仕方

デートでいよいよ初キスしたいんだけど、どこでキスすればいいの?

キスしたことないんだけど、どうやってキスしたらいいんだろう?

デートで初キスするときはすごく緊張してしまいますよね。

そこで今回はデートで初キスするための場所選びとキスの仕方について書いてみたいと思います。

スポンサードリンク

1、初キスでは雰囲気作りが最も大切!

初キスでは雰囲気作りが最も大切です。

ロマンチックな風景を見たり、静かに二人きりで会話をしているからこそキスしたくなる雰囲気になります。

いきなりキスするのもドキッとしてそれはそれでいいのですが、それができるのはキスになれた人がすることです。

初キスではいきなりキスするよりも雰囲気作りを重視して徐々にキスするムードを盛り上げることが大切です。

そのほうが思い出にも残るでしょうし、二人の関係もより深まると思います。

雰囲気作りに大切なのはキスできる場所へ行くことと時間帯です。

キスできる場所のポイントは人が少ない(もしくは誰もいない)、ある程度周りが静かである、景色が綺麗でロマンチックなことです。

キスしたいならこのような場所をデートコースに入れておきましょう。

その場でキスできそうな場所を探してもなかなか見つかりません。

当日慌てて探してもテンパってしまうでしょうし、雰囲気作りどころじゃなくなってしまうかもしれません。

初キスとなるとなおさらですよね。

だったら最初からデートコースの中にキスできそうな場所を選んでおくことです。

そうすればさりげなく誘導しやすいでしょうし、キスするための雰囲気作りに集中することができます。

 

スポンサードリンク

2、キスできる場所選び

人が少ない静かな場所

キスするときにガヤガヤとうるさい場所では雰囲気作りができません。

キスしたくても騒々しいところではイマイチ集中できませんよね。

キスするチャンスは人の少ない静かな場所にあります。

最近は人目を気にしないカップルもいますが、人目がない場所のほうがキスに集中できます。

人目があると落ち着かないでしょうし、雰囲気もムードもありません。

人が少なくて静かな場所のほうが二人っきりという演出もできますし、落ち着いてキスできます。

記憶に残るような甘い初キスにしたいなら人目がない場所は絶対に必要です。

人が少ない場所ならキスするまでにゆっくり会話をしたりスキンシップをとるなどして雰囲気作りもできますし、キスするチャンスも増えます。

できるだけロマンティックな雰囲気を作りながらキスがしたいですよね。

隠れてとかこっそりするキスにはドキドキ感があるのでなお効果的です。

 

監視カメラに注意!

意外と盲点なのが監視カメラの存在です。

最近は街中でも監視カメラが増えてきました。

物騒になってるせいもあるのかお店などではなくて、路上にも監視カメラが設置してあることがあります。

特に都心部ではそのような傾向にあるようです。

監視カメラでキスしているところを映されるのは気分的にもいいものではありませんよね。

全く知らないところで誰かに映像をチェックされているかもしれません。

その映像が公開されることはまずありませんが、それでも動画として記録されているのは嫌なものです。

キスする前に一度周りを見渡して監視カメラがないかどうかチェックしてみましょう。

 

できれば快適な場所選びをしよう

キスするならできるだけ快適な場所を選びましょう。

要するに夏なのに炎天下の中とか、真冬に風が吹き付ける場所を選ばないことです。

暑すぎると汗が気になりますよね。

汗まみれでキスしてもなんだかベタベタして嫌でしょう。

もしかしたら汗臭くなって相手に迷惑をかけるかもしれません。

逆に寒すぎると体が凍えてしまいます。

吹きさらしの凍えそうな場所でキスするための雰囲気作りには集中しずらいです。

トイレに行きたくなったらキスどころではなくなります。

真夏や真冬だったらなるべく屋内か涼しいところを考えておきましょう。

春や秋なら屋外のほうが景色もいいでしょうし、ロマンチックなムード作りができます。

・長く付き合うことによるすれ違いを解消するには

・サプライズか一緒に買うか?上手なプレゼントの渡し方

・喧嘩した時の上手な仲直りの仕方と心構え

 

3、おすすめのキスできるスポット

夕日や夜景が綺麗な場所

夕日が綺麗に見える、きらびやかな夜景が見える場所はキスの定番スポットです。

沈みゆく夕日を2人で見ながらゆっくり過ごす、綺麗な夜景を眺めながらのキスはとてもロマンチックなものです。

周りに灯りのない満天の星空の下もいいでしょうね。

ただ、そのような場所へ行くには車が必要なるかもしれません。

都会や市街地ではなかなかそうゆうスポットは見当たりません。

夕日や夜景を見ながらキスしたいという場合はドライブデートがメインになります。

 

お祭りや花火大会

お祭りは「こっそりキス」ができる最高のシュチュエーションですね。

花火大会もキスできる絶好のチャンスです。

お祭りでは人の賑わう場所は限られています。

屋台の並んでいる場所と参道、あとはお祭りのメイン会場です。

その周辺はわりと人も少なく静かだったりします。

みんなはワイワイ盛り上がってるから、ちょっと離れた静かな場所でキス。

これが「こっそりキス」の醍醐味ですね。

一通りお祭りを堪能したあとに「ちょっと歩き疲れたから休憩しない?」と静かな場所で座っておしゃべりしましょう。

 

二人きりになれる個室

誰にも邪魔されたくないなら二人きりになれる個室でキスしましょう。

案外探せば二人きりになれる場所もあります。

デート中ならカラオケや車内、エレベーターなどがあります。

カラオケは周囲の目を気にしなくてもいいですから誰にも邪魔されません。

エレベーターは他に誰も乗っていなければキスできるチャンスがあります。

エレベーターは軽い個室みたいなものですよね。

車なら信号待ちでキスするというシュチュエーションが人気です。

遊園地に行ったときは定番の観覧車、頂上でキスするのもロマンチックです。

個室の居酒屋なら限度はありますが、人目を気にせずにイチャイチャできます。

あとはお互いの家に遊びに行ったとき、部屋でキスというのもいいでしょう。

いずれにせよ誰にも邪魔されない空間なら落ち着いてキスできます。

 

帰り道や駅の改札前

帰り道の人通りが少ない場所で隠れてキスするのもドキドキします。

人通りがある道ではキスできませんが、メイン通りから裏手の細い道とかなら隠れてキスもできるでしょう。

駅の改札前もキスできるチャンスです。

別れ際はやはり寂しいものですよね。

だからこそ、変える前にキスしたくなる気持ちが高くなります。

でも濃厚なキスはNGです。

駅の改札ではある程度人目もあるので、軽いキスにしましょう。

 

汚い場所では絶対にキスしようとしない!

汚い場所では絶対にキスしようとしてはいけません。

いくら落ち着いていようが、静かな場所だろうが汚い場所でのキスはNGです。

例えば、公衆トイレが近かったりとか、ゴミ捨て場が近くて臭いのも絶対に避けましょう。

そんな場所でキスしようとすればむしろ恋心も冷めてしまうものです。

 

4、初キスの仕方

初キスでは雰囲気作りが大切だと書きました。

そのためにデートでの場所選びはしっかりしておきましょう。

でもキスしたいからと言って、いきなりがっつくのはダメです。

少しずつ、ゆっくり距離感を縮めながらキスするムードを高めます。

キスするときも相手を気遣う優しさに女性は惚れるものです。

デートの中盤から終盤あたりでキスできそうな場所へ行きます。

それもなるべく違和感のないようにさりげなくその場所へ移動しましょう。

「ちょっと歩き疲れてない?あそこの公園で休憩しよっか。」とか、

「この近くに夜景が綺麗に見える場所があるんだけど行ってみない?」

という風にあくまでさりげなくキスできそうな場所へ向かいます。

 

デートの途中か、その場所へ歩いている際に手をつなげたら距離感が縮まっていると言えるでしょう。

手もつないでいないのにいきなりキスはハードルが高いです。

その場所へ行ったらしばらく雑談しましょう。

その際に肩を寄せ合ったり、ハグできるといいですね。

キスする前にはスキンシップをとっておくことです。

スキンシップをするとキスする雰囲気作りができます。

手をつなぐ、肩を抱く、見つめ合うという触れあいがお互いの距離感を縮めていきます。

 

なにげない会話がふと途切れたところで相手の目をじっと見つめましょう。

軽く女性の手を引きながらこちらに引き寄せる感じで近づきます。

目を閉じていたらキスしていいサインです。

ゆっくり唇と唇を重ねましょう。

いきなりキスしようとすると歯が当たって痛い思いをすることがあります。

キスしたらもう一度ぎゅっと抱きしめましょう。

もしできたら相手の目を見て「好きだよ。」と言えるとなお雰囲気が盛り上がります。

・長く付き合うためのコツは相手を受け入れる心

・彼女へのプチプレゼントで日常に喜びを

・花束は女性への最高のプレゼント

 

デートで初キスするための場所選びとキスの仕方のまとめ

キスするためには何よりも雰囲気作りを重視しましょう。

雰囲気が良ければ自然とキスしたくなるでしょうし、思い出にも残るものです。

そのためにはデートする前にキスできそうな場所を探しておきましょう。

焦ったり、がっつくと女性は引いてしまします。

ゆっくり優しく手をつないだり、ハグしたりしながらムードを高めることが大切です。

いい雰囲気の中、ロマンチックで素敵なキスができるといいですね。

 

▼まずは無料で使ってみてください▼

本当に出会いがなくて困っているのであれば、マッチングアプリのOmiaiを使ってみてください。

Omiaiを使えば、すぐにでも出会いを探すことができます。

もちろんFacebookの友達にバレてしまう心配は一切ありません。

会員登録は無料なので、どんな人がいるのかを見てみるだけでもいいでしょう。

⬇️⬇️会員登録はこちら⬇️⬇️

Facebookで出会い・恋愛「Omiai」

せっかく無料で試すことができるので、出会いがないと悩んでいるのに使わないのは損していますよ。

他にもこのような記事が読まれています。

・長く愛されるためには相手の心をコントロールしない

・付き合ってから大切なことは信頼感を築くこと

・理想の恋愛をするためには相手を輝かせること

・相手に依存しない恋愛をするために必要なこと

スポンサードリンク

 - 付き合ってから , ,