「ラブかつ!」〜出会いがない社会人の恋活を応援します〜

「ラブかつ!」では社会人の恋活について、 恋愛の心構え・出会いの方法・メールテクニック・デートプラン・付き合ってから という各プロセスに分けてアドバイス、応援をするサイトです。

彼女を作る方法:可愛い女性とカップルになるための

      2015/12/13

スポンサードリンク

今まで彼女ができたことがない、、、

どうやったら彼女を作ることができるんだろう。。。

今まで付き合ったことがない男性にとって彼女を作ることは至難の技に思えますよね。

そこで今回は大まかな順序ですが、彼女を作る方法と可愛い彼女の作り方について書いてみたいと思います。1、まずはとことん出会いを増やす

まずはなんと言っても出会いを作ることが大切です。出会いが無ければいくら恋愛テクニックがあっても意味がないですよね。

例えば恋愛テクニックが100あって出会いが1あっても絶対に付き合えるわけじゃありません。逆に恋愛テクニックが1でも出会いが100あれば高確率で彼女を作ることができます。恋愛テクニックは出会いの経験を積めば増えていくからです。

「そんなに簡単に出会いが増やせるわけないじゃん!」と思われる方もいるかもしれません。確かに最初はどうやって出会いを作っていけばいいのか分かりませんよね。

「出会いのチャンスを作る。」そのためには環境を変えることです。普段の生活で女性と出会うチャンスがないなら自ら出会いのチャンスを作っていくしかありません。待っていれば勝手に女性と出会えるわけではありませんよね。

まずは女性としゃべるきっかけができるところへ行きましょう。例えば特定の美容院に通うのでもいいし、飲食店に通うのもありです。サークルに参加するのだってOKです。合コンなら女性と話すきっかけ作りにはちょうどいいかもしれません。

もっと手っ取り早いのはインターネットで出会いを探すことです。 ネットなら環境や時間に左右されにくいですし、いつでも出会いを探すこともできます。詳しくはラブ活!ネットの出会いを参考にしていただけると幸いです。

彼女を作るための一番のポイントは度胸です。自分から積極的に女性に話しかけていく必要があります。最初は緊張して全然話せないかもしれません。でもそれは避けては通れない道です。

出会いを求めるなら女性と話すチャンスを自分で作らなければなりません。いきなりうまく喋ろうと思わなくても大丈夫です。誠実に話していくことができればあとは徐々に慣れていくことができます。まずは「自分にもできる!」と信じて女性と出会うきっかけ作りをしていきましょう。

 

2、メールのやりとりからデートに誘う

彼女を作るための次のステップはメールアドレスを交換することです。女性とメールアドレスの交換をするにはまずはお互いが知り合いになることです。顔見知り程度でもいいので女性に「私が知ってる男性」と認識してもらいます。

そこまでいけばメールアドレスを交換できる段階に入ります。あとはその女性と会話をしつつ、アドレスを聞くタイミングを狙います。へたな小細工はなしで堂々と「アドレス交換しない?」と聞いても大丈夫です。

今だったら「ラインやってる?」と聞くほうがハードルが下がって聞きやすいかもしれません。メールアドレスも話しかけるのと同じように度胸で聞きましょう。

メールアドレスを交換したら次はメールのやりとりです。メールのやりとりを何度かしていけばデートへの道が開かれていきます。

メールのやりとりは基本的には相手に合わせることです。メールのやりとりがスムーズにいけば、「相性が悪い」と思われることはないでしょう。そのためには返信のタイミングや文章の量などを相手に合わせるようにします。

返信のタイミングは相手が返信してくるまでの時間と自分が送信するまでの時間を同じくらいにすることです。30分後に返信が来たなら30分後に返す。1時間後に返信が来たなら1時間後にメールを返すようにします。相手の返信が遅い場合はちょっと早めに返信してもかまいません。

絵文字は男性の場合は多くなくても大丈夫です。。や、を使いながら適度に絵文字を入れていきましょう。絵文字を多用すると逆にチャラい感じになるので控えめに使えば問題ありません。

メールで何回かやりとりしたらデートに誘ってみましょう。メールができているからと言って、いつまでもメールばかりしていてはいけません。最終目的は彼女を作ることにあってメル友を作るためではありませんよね?いつまでもメールのやりとりだけしていると女性に「この人、私に気がないんじゃないじゃ?」と思われてしまいます。

メールのやりとりを始めてから1、2週間程度経ったらデートのお誘いをしましょう。長くても1ヶ月以内には誘ってください。ここは度胸が必要ですが、勇気を出してデートのお誘いメールをしてみましょう。「◯◯さん、今度一緒にご飯でも食べに行きませんか?」とストレートに誘ってみてくださいね。

 

3、女性は男性に愛されたいと思っている

メールのやりとりをしてデートに誘うところまで来ました。そして「いいよ!」って返事がもらえればいよいよデートです。でもどうやってデートしていいのか分からない。デートで何をすれば好かれるのかまったく予想がつかない。デートに関する悩みも多く寄せられます。

まず、彼女を作るためには女性を理解することが大切です。相手の望むことを想定して自分がそれを叶えることができることを証明していく必要があります。

そのためには女性の心理を理解していきましょう。女性がどのように恋愛を考えているのか?恋人に求めるものは何なのかを推測していきます。

女性の基本的な心理は「愛されたい!」です。女性が恋愛に求めているものは自分が「愛されている」という想いです。どうしたら女性が愛されていると思ってくれるのかというと、「私だけを好きでいてくれる」ことです。

誰にでも優しい男性は好かれますが、恋愛という要素を踏まえると誰にでも優しいだけではダメでしょう。「貴方だけを愛している」という想いを伝える必要があります。この人なら私のことを受け入れて愛してくれると思ってもらえてこそ、貴方に惚れるのです。

 

といってもただ一方的につきまとったり、愛情表現をすればいいというものではありません。それではただのストーカーになってしまいます。相手の望む形で愛情を表現していきましょう。もちろん個人個人によって恋愛への考え方は違ってきますので臨機応変に対応していく必要はあります。

そうは言っても基本的に女性の恋愛におけるスタンスは「愛されたい!」という想いを持っているでしょう。これを実現するために大げさな仕掛けややりとりは必要ありません。高いブランド物を買ったり、高級レストランに行く必要もないのです。デートの最中にほんの少し、さりげないエスコートができれば十分です。

 

4、女性をエスコートしてモテる経験値を積む

上記のことをデートの中で行うことを僕は「エスコートする。」と定義しています。エスコートすることによって女性は自分が大切にされていると実感してくれます。さらには「この人なら私だけのことを愛してくれる。」という想いを抱いてくれるようになるのです。

愛されているという実感してもらうためには愛情を行動で表現する必要があります。

例えば歩道で車道側を歩く。さりげなくドアを開けてくれる。疲れたときは休憩しないと座らせてくれる。

単純に笑顔でいてくれる。楽しいとか、可愛いとか言葉で誉めてくれる。素直に言葉で表現することも立派なエスコートの手段になります。

どれもさりげなくするのがポイントです。わざとらしくエスコートしてもそれは「本気でそうしてくれている」とは思ってくれないでしょう。最初はぎこちなくても大丈夫です。誠意を持って女性に接していればそれは必ず相手に伝わります。もしエスコートできそうなチャンスがあれば勇気を出して行動に示してみてください。

とは言うものの、自信のない男性はこれがなかなかできません。なぜなら女性を誉めたこともエスコートした経験もないからです。初めからうまくエスコートできる男性はいませんし、どんなにモテる紳士も最初はよく分からずデートしていたと思います。じゃあどうすればモテるようになるのでしょうか?

それはたくさんの女性と出会って経験値を積むことです。自信がないのはデートなどで女性と1対1で接する機会が少ないからです。

初めはほんのちょっとした親切でもいいです。女性に何かしてあげることを目標にしてみましょう。喜んでもらうことを自分で考えるのです。恋愛のノウハウに書かれたことを鵜呑みにしていても自信を持って自ら行動しなければ効果がありません。

デートテクニックは確かに有効な面もあります。それが本当に自分に身に付くようにたくさん女性とデートをして経験値を高めていってください。

 

5、デートコースは基本的に王道のデートスポットを選ぶ

最初のデートは食事だけかお茶するくらいの軽いデートでOKです。一回目のデートはいわば様子見になります。「この人はどんな人なんだろう?」という興味を示してくれている段階です。

ですので一回目のデートから予定を一杯詰め込んだデートをするのは避けましょう。お互いが軽くおしゃべりしながらご飯を食べたり、カフェでお茶を飲むくらいでもOKです。

その後は最寄りの駅まで送って帰るようにします。あとで「今日は楽しかったよ。ありがとう♪」と感謝のメールも送っておきます。その後も何度かメールのやりとりができるようなら2回目のデートにも誘いましょう。

 

2回目のデート場所は王道のデートスポットを選びましょう。映画館デート、水族館や動物園など癒される系のデート、テーマパークなどの遊べるスポットでのデート。これら王道とも言えるデートをしましょう。あとは女性の好みに合わせて、アーティストのライブや美術館などのアート鑑賞、泊まりなしのドライブデートもありだと思います。お祭りなどがあれば気分も高まるので楽しいです。

2回目以降のデートではお酒ありで晩ご飯を食べたりしてもOKかと思います。女性に食べたいものとかお酒飲むの?などリクエストを聞きながらお店選びができるといいでしょう。

3回目以降も昼デートや夜デートに変えたりなどメリハリを利かせながらプランを組んでいくと女性を飽きさせずにデートの回数をこなすことができるかと思います。

 

6、告白は男らしくストレートにしよう!

デートを何回かしたらいよいよ最後は告白です。ここに今まで彼女を作るための集大成になります。それでは告白の流れについて説明していきたいと思います。

告白するときのデートも2、3回目のデートと変わらない感じでいいでしょう。ただ告白するタイミングと場所は選んでおくとスムーズに告白までいけるかと思います。

告白のタイミングはデートの終盤辺り、静かに会話できる場所を選びます。話がふと途切れたところで、「◯◯さんのこと好きなんだ。付き合って欲しい。」とちゃんtの相手の目を見て告白します。

下手にまわりくどく言うよりもストレートに告白したほうが男らしくて好印象になります。

ここで「いいよ。」と返事がもらえれば無事カップル成立です。逆に「ごめんなさい、、、」となってしまった場合はカップル不成立です。

どちらにせよあまり動揺せずに真摯に受け止めるようにしたいですね。

告白のタイミングはデートの3回目から5回目あたりを狙います。付き合っていないのに何回もデートをして告白しないでいると、「この人はどうゆうつもりでデートしてるんだろう?」と疑われてしまいます。告白は勇気がいりますが頑張って自分の想いを告げましょう。

 

他にもこのような記事が読まれています。

・社会人になって気付いた恋愛テクニックの重要性

・女性にとって男性の外見はさほど重要ではない事実

・恋愛活動に最も大切なものは行動できる勇気

・「ありがとう」は相手を喜ばす魔法の言葉

・恋愛において積極的になるためには

・積極的に行動するための対策方法

・恋愛においてマニュアル通りはNG!

・髪の毛が薄く、ハゲてても恋愛対象外にならずにモテる方法

・恋愛にパーソナルスペースを活用しよう!男女の距離感を縮める方法

スポンサードリンク

 - 恋愛の心構え