「ラブかつ!」〜出会いがない社会人の恋活を応援します〜

「ラブかつ!」では社会人の恋活について、 恋愛の心構え・出会いの方法・メールテクニック・デートプラン・付き合ってから という各プロセスに分けてアドバイス、応援をするサイトです。

社会人がデートの告白を成功させる絶好のタイミングとは?

      2015/12/13

スポンサードリンク

告白タイミングデート

「好きな娘がいるんだけど、告白のタイミングが分からない、、、」

告白するタイミングに悩む方は多いのですが、デートを3回から5回ほどしていれば告白するチャンスは十分にあります。

逆に、何度もデートしているのに告白しないのは相手に本気かどうか疑われてしまいます。

デート中における告白のタイミングはデートの終盤、落ち着いた雰囲気の場所を選びましょう。

変に言い回しを考えるよりも、ストレートに相手の目を見ながらはっきり告白しましょう。

 

スポンサードリンク

1、何回目のデートで告白するのがいいのか?

「告白のタイミングに悩んでいる、、、」

「いつ告白すればいいのか分からない。。。」と悩んでいる方は多いようです。

デートを何回かして、少しずつ互いの距離が縮まっていって、なんだかいい雰囲気かもと思うようになっていきますよね。

最終的に「この娘と付き合いたい!」と思ったら告白をしなければなりません。

告白は相手との出会いに始まり、メールやラインのやりとりを続け、デートまでできるようになった集大成になります。

エッチしたいだけの関係なら告白する必要もありませんが、恋愛として長く付き合うなら告白する必要があります。

では、肝心の告白するタイミングはどれぐらいがいいのでしょうか?

 

何回目のデートで告白するのがいいのかというと、3回目のデートから5回目くらいがいいでしょう。

「ちょっと早いんじゃない?」と思われるかもしれませんが、3回もデートすれば相手の女性もこの人と付き合いたいかどうかは心の中では決まっています。

告白しないまま何度もデートしていても、「この人は私とどうなりたいんだろう?」「本当に本気になってくれるのかな?」と疑われてしまいかねません。

さらに、デートを重ねれば付き合える確率が上がるかというと、それも一概には言えません。

「何度もデートをしてるんだから付き合えるでしょ!』という風にはならないわけです。

なぜかというと、「単純に恋愛的なイベントが何もないよりは、誰かとデートしていたほうが女としてマシかも」という理由でデートしているという場合もあります。

このあたりを付き合う前から判断するのは難しいです。

ですので、何度かデートをして「この娘と付き合いたい!」となったら告白するチャンスを狙います。

長くても5回目のデートまでには告白するようにしましょう。

 

スポンサードリンク

2、デート中の告白のタイミングはいつ?

ではいざ告白するぞ!と決心を決めたら次のデートで告白するシチュエーションを作っていきます。

といっても、別に告白するために盛大な仕掛けを作る必要はありません。

ただ2人でちょっと話せる時間を作るだけです。

告白する日のデートプランは今までと同じような感じで大丈夫です。

昼から(もしくは夕方から)待ち合わせをして遊びに出かけます。

遊ぶ場所は水族館やテーマパーク、動物園、ドライブデートあたりでいいでしょう。

一通り遊んだらご飯を食べに行きます。

もしくは、昼ご飯を食べてから遊びに行くパターンでもOKです。

カフェダイニング、イタリアン、和食など相手の要望を聞きながら食べログなどで下調べをしておくと便利です。

告白するタイミングはデートの終盤あたりになります。

日が落ちかけた夕方ごろ、夜になってそろそろ帰ろうかなという時間帯です。

「帰る前にちょっとだけ◯◯に寄らない?」と話を持ちかけます。

帰るギリギリだと電車の時間があったりしますから、時間的に少し余裕があるといいですね。

告白する場所は落ち着いた雰囲気の場所がいいでしょう。

あまり人がいない薄暗いような場所は不安になるので、ある程度人がいつつもちょっと喋れるようなところを選びます。

駅の周辺で少し話せるような場所があるとベストですね。

ドライブデートだと帰り際のそろそろ相手の家に着く頃あたりを見計らいます。

 

3、告白はストレートに言う

告白する場所に移動したら、しばらくは雑談をします。

いきなり告白しても悪いというわけではありませんが、なんとなく「これって告白されるかも?」という雰囲気があったほうがいいでしょう。

5分か10分ほど雑談をしたら、会話が途切れたところでいよいよ告白します。

緊張してすごくドキドキするかもしれませんが、勇気を出して告白しましょう!

告白のセリフですが、ストレートに直球勝負でいいと思います。

「◯◯さんのこと好きなんだ。だから、付き合わない?」と相手の目を見ながらはっきり伝えましょう。

あまり回りくどい言い方をすると、相手に伝わらないかもしれませんし男らしくないです。

もごもごと口ごもっていたり、相手の目を見て言わないのも初々しい感じですが、社会人ならはっきりストレートに告白するのがいいですね。

「うん!いいよ♪」という返事がもらえれば晴れて付き合えるようになります。

嬉しそうに笑って、「ありがとう!これからよろしくね♪」と言って、しばらく雑談してから帰りましょう。

そのときはものすごく嬉しいと思いますが、あまりはしゃがないように。笑

あるいは、「ちょっと考えさせて。」と言われても、そこで変に食い下がらないほうがいいです。

「考えさせて」という返事は別に「ダメ」という答えではありません。

本当にちょっと迷っている、もう少しデートしてみたいという意味です。

ですので、この場合はとりあえずその日は帰るようにして、後日またデートをするようにします。

次回のデートのときに「この間の返事ってどうかな?」と聞いてみればいいでしょう。

あまり焦って問いただすよりも、余裕がある態度のほうが好感度が高いものです。

一方で「友達のままじゃダメかな?」という返事は残念ながら遠回しに断られてしまったということになります。

フラれてしまった場合もできるだけ冷静な態度を装いましょう。

フラれるもは辛いものですが、「そっか〜、、、、分かった。。。じゃあ、また友達として遊んだりしようね。」と返事しておきましょう。

後日、気を取り直してデートに誘うチャンスがあるかもしれません。

1回目の告白でダメだったけど、もう一回告白したら付き合うことができたというケースも中にはあります。

まとめ

デートの何回目になったら告白すればいいのかというと、3回目から5回目くらいまでには告白をしましょう。

告白しないまま何度もデートをしていても、相手に本気かどうか疑われてしまいます。

告白するときはデートの後半、落ち着いた雰囲気の場所で言いましょう。

告白のセリフは変に言い回しを考えるよりもストレートに相手の目を見て伝えましょう。

スポンサードリンク

 - デートスキル , ,