「ラブかつ!」〜出会いがない社会人の恋活を応援します〜

「ラブかつ!」では社会人の恋活について、 恋愛の心構え・出会いの方法・メールテクニック・デートプラン・付き合ってから という各プロセスに分けてアドバイス、応援をするサイトです。

デート中の会話のコツは話題や内容よりも相手の話をよく聞くこと

      2015/12/13

スポンサードリンク

a0001_008163

デート中の会話はみなさん何を話しているでしょうか?

デートで何を話せばいいのか分からないという人もいるかもしれません。

そんな時にはちょっとした会話のコツを知っているとスムーズにデート中の会話を楽しむことができるかもしれません。

男女の会話においては同性との会話とは違った感じで話すことになると思います。

男同士の会話であれば下ネタで大いに盛り上がることもあるでしょうし、女同士では愚痴などを言いたい放題言えることもあるでしょう。笑

でも男女の会話、特にデートであればそんなわけにはいきませんよね。

そこで今回はデート中の会話のコツについて書いてみたいと思います。

 

(1)会話はキャッチボール、投げっぱなしにならないように

デートの会話で大切なことは相手の話をよく聞くことです。

会話において大切なことは話すことよりも実は聞くほうが重要だったりします。

相手の話をよく聞くからこそ、相手に合った話題展開もできるんだと思います。

よく例えられるものとして会話はキャッチボールなんて言われますよね。

ボールを投げるのが話すほう、ボールを受け取るのが聞くほうという具合に。

会話においては話し方、トーク術といったものは多く存在します。

どういう話し方をすれば魅力的か、相手を惹き付けることができるかと言った具合に。

(でも僕自身はそういったものが身に付いたためしがないんです、、、喋ってるときって案外考えながら喋れないですよねぇ。。。)

 

でも僕は聞くほうも話すのと同じくらい、いやそれ以上に重要だと思うんです。

話題の振り方や、聞いている姿勢や態度によって話すほうもリラックスして話すことができる。

しっかり聞いているからこそ、相手は気持ち良く話をしてくれて心をオープンにしてくれるのではないでしょうか。

 

そのための話を聞くポイントとして以下のようにまとめてみました。

1、話を聞くほうが喋る側の心を開かせている。

2、相手の顔を見て聞くことも大切。

3、相づちが話を聞いているサインになる。

4、オープンクエスチョンかクローズクエスチョンか。

5、相手にその時の気持ちを聞いてみる。

では、それぞれを順に説明してみたいと思います。

 

1、話を聞くほうが喋る側の心を開かせている。

お互いがどんな人なのかを知るためには、まず相手のことを知ることが大切だと思います。

相手を理解しようとするからこそ、自分も初めて理解されるんだなってちょっと前に気付いたんですよね。

そのためには話をきちんと聞いていることが大切なんだと。

話を聞いてくれていると感じるときに相手は前向きに自分のことを喋れる状態になると思うんです。

そういう風に自分のことを喋ることができる雰囲気作りをすることがまずは必要なのではないでしょうか。

 

2、相手の顔をみて聞くことも大切。

そのためには聞く姿勢を大切にします。

誰でもだらっとしり、ぼーっとした感じに相手がなってたら話を聞いてないんじゃないかと思われちゃいますよね。

話を聞く姿勢として一番大事なことは相手の顔をきちんと見ることです。

喋っている人のほうに顔を向けていることは「きちんと話を聞いていますよ」というサインになります。

顔をきちんと見て聞くこと自体が相手に「あなたに興味があります」と伝えることにもなるんです。

でも常にじっと顔を見つめなくてもいいんです。

常にじっと見つめていたら逆に怪しくなるかもしれないんで。笑

たまにまっすぐ顔を見るくらいで十分だと思います。

目を合わせることを意識しなくてもいいんです。

ポイントは顔のあたり、目から口くらいの範囲を見ているだけでもOKです。

これで相手に話を聞いているというサインを伝えることができると思います。

 

3、相づちが話を聞いているサインになる。

あとは話の合間に相づちを打ちましょう。

相づちも話を聞いているサインになりますから。

顔を縦に軽くうなずきながら、「うんうん。」とか、「へぇ~。」と言うといい(ハ行の感嘆詞と言えばいいでしょうか)と思います。

相手の顔を見ながら相づちを打てばちゃんと話を聞いている姿勢は伝わると思います。

ただ、気のない返事にならないように気をつけてくださいね。

「ふ~ん。」と言うだけでも声の調子が違えば全然違って聴こえますよね。

相手を見ずに言うとつまらないんじゃないかと思われることもありますから、相手の顔を見ながら相づちを打つのは大切なことだと思います。

 

4、オープンクエスチョンかクローズクエスチョンか

質問するときには大まかに分けて2種類の質問があります。

それはオープンクエスチョンか、クローズクエスチョンです。

オープンクエスチョンは相手が自由に答えられる質問。

例えば「何、どこで、誰と、何時、なぜ、どのように」と言った内容を聞くことです。

「休みはどこに行くことが多いの?」とか、「趣味は何をするのが好きなの?」といった具合に。

これは相手が自由に答えられる質問で、いろんな返事がかえってくるものです。

クローズクエスチョンは相手がイエス、かノーしか答えられない質問。

「○○はもう観た?」とか、「△△の場所行った事ある?」という二択の問いかけがあります。

この質問は話題を振る時に使ったりします。

イエスかノーの二択しかないから答えやすいというのが特徴です。

このクローズクエスチョンから始めてオープンクエスチョンで具体的に聞いていくという方法があります。

相手もスムーズに話をしやすくなるかと思います。

 

5、相手にその時の気持ちを聞いてみる

あとはその人の主観的な気持ちとかを聞いてみるのもありだと思います。

「○○が好きなんだ?」とか、「△△するのが楽しい」という気持ちを知ると言えばいいでしょうか。

その人がどんなことに感動したり、どのようなことを楽しいと思うのかとかも知れると思いますし。

状況だけじゃなくて、その場面で「相手がどのように感じるか」。

その人となりを知ることは今後付き合っていくときにも大切なことだと思います。

 

以上のような聞くコツを押さえておくとただ何となく相手の話を聞いていたよりも、ずっと相手にリラックスして話をしてもらえると思います。

ただ、なんとなく話を聞いているよりはきちんと話を聞くことは集中力がいることにはなるんですがね。

それでも相手のことを理解してから初めて自分も理解されるようになるわけなので、ぜひともここは頑張って話を聞いていて欲しいと思います。

デート中の会話が楽しければそれだけ相手との距離も縮められるのではないでしょうか。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

デート中の会話のコツは話題や内容よりも相手の話をよく聞くことのポイント!

・デートの会話で大切なことは相手の話をよく聞くこと

・会話において大切なことは話すことよりも実は聞くほうが重要

・会話はキャッチボールだ

1、話を聞くほうが喋る側の心を開かせている

・まず相手のことを知ることが大切

・相手を理解しようとするからこそ、自分も初めて理解される

・自分のことを喋ることができる雰囲気作りをする

2、相手の顔をみて聞くことも大切。

・相手の顔をきちんと見て、「きちんと話を聞いていますよ」というサインを示す

・顔をきちんと見て聞くこと自体が相手に「あなたに興味があります」と伝えることにもなる

・たまにまっすぐ顔を見るくらいで十分であり、ポイントは顔のあたり、目から口くらいの範囲を見ているだけでOK

3、相づちが話を聞いているサインになる。

・顔を縦に軽くうなずきながら、「うんうん。」とか、「へぇ~。」と言うといい(ハ行の感嘆詞と言えばいいでしょうか)と思います。

・相手の顔を見ながら相づちを打てばちゃんと話を聞いている姿勢は伝わると思います。

・気のない返事にならないように注意。声の調子が違えば全然違って聴こえる

4、オープンクエスチョンかクローズクエスチョンか

・オープンクエスチョンは相手が自由に答えられる質問

・クローズクエスチョンは相手がイエス、かノーしか答えられない質問

5、相手にその時の気持ちを聞いてみる

・その人がどんなことに感動したり、どのようなことを楽しいと思うのかとかも知れる

他にもいろんな記事を書いていますのでもしよかったら覗いてみてくださいね。

・デートスキルがあってこそ相手を惹き付けることができる

・デートの基本は王道のデートプランがおすすめ

・告白のタイミングはデート3回目から5回目が目安

・デート中の会話のコツは相手の話をよく聞くこと

・共有体験がデートを成功させるポイント!

・デートを成功させるためには自然体でいこう!

・グダグダデートをなるのを防ぎ、メリハリデートをするためのポイント

・食事デートで気をつけることとは

・質問することは恋愛の大切な要素

・デートで緊張した時の対策法

・男性がデートで注意すべきチェックポイントとは?

・付き合う前のデートを楽しくするために必要なこととおすすめの場所

・付き合う前や付き合ってないのにキスしたときの相手の心理とその後の振る舞い方について

スポンサードリンク

 - デートスキル , , ,