「ラブかつ!」〜出会いがない社会人の恋活を応援します〜

「ラブかつ!」では社会人の恋活について、 恋愛の心構え・出会いの方法・メールテクニック・デートプラン・付き合ってから という各プロセスに分けてアドバイス、応援をするサイトです。

デートのときの男性の服装選び:女性に私服がダサいと言われないためのポイント

      2015/12/13

スポンサードリンク

デートの時に何を着ていこう、、、

女性にオシャレに見られる服装にするにはどうしたらいいんだろう?

普段スーツを着ている男性はいざ私服デートをするときに何を着ていこうか悩む方も多いようです。

今回はデートの時にも女性にダサいと思われない男性の服装について書いてみたいと思います。1、男性の服装はルールに沿って着こなす

男性の服装は着るアイテムが女性よりも限られています。

まず上に羽織るものはコートなどアウター類、テーラードジャケットやブルゾンなどです。軽めのものはカーディガンなどのニット類やパーカーがあります。トップスはカットソーかシャツになります。

下は素材が綿、ウール、もしくはジーンズと違うだけでほとんどズボンタイプのものしかありません。それも長ズボンだけで十分です。デートの際に短パンは間違えると虫取り少年のように思われてしまうのでやめておきましょう。

このように限られたアイテムの組み合わせになるのでポイントを抑えるだけでぐっとスマートに見えますし、オシャレな印象を与えることもできます。このポイントを抑えないとどこか野暮ったくダサいファッションになってしまうのです。

ではオシャレに見えるポイントはどこにあるのか書いていきたいと思います。

 

2、カラーは配色を限定して着こなすとオシャレに見える

男性の服装におけるカラーコーディネイトは色を使いすぎないことがポイントです。基本的には2、3色ですっきりまとめるようにしましょう。上下で2色に分ける。もしくはトップス、ジャケット(アウター)、パンツの3色でまとめるのが基本です。小物を含めて最高でも4色までに抑えなければなりません。

あまりにもいろんな色を取り入れすぎるとごちゃごちゃした印象になり、スマートさがなくなります。ただし、全身同じ色はやめておいたほうがいいと思います。同系色の素材で差をつけるという方法もありますが、まずは2、3色でまとめるようにしましょう。

男性の服装は基本カラーはネイビー、白、黒、グレイなどシックな色合いでまとめます。あとはカーキ(オリーブグリーン)も合わせやすい色だと思います。茶色は以外と難しく、肌の色に合わせる必要があります。赤や黄色など派手な色を入れたい場合は見える面積を少なめにすると差し色として効果的です。デートの際でも特に小物で色を利かせるとグッとオシャレに見えます。

 

3、男性の服装は何よりもサイズ感が重要

男性の服装はサイズ感がとても大切です。

基本的にはジャストサイズを選ぶだけで大丈夫です。それはどんな体型でも同じことが言えます。太っている、痩せているからと言って体型に合わないオーバーサイズを選ぶとだらしない感じになってしまうだけです。特に女性とのデートではきちっとした印象を持ってもらうことも大切になります。

服を購入するときも必ずジャストサイズを意識して服を選ぶようにしましょう。お店で購入するときには恥ずかしがらずに店員さんにサイズが合っているかどうか確かめてもらうようにしましょう。他人から見てサイズが合っているかどうかを見てもらったほうが客観的に見た感じが分かります。

また、時間に余裕があれば同じ服でも違うサイズで比較してみることも大切です。服はサイズが違うだけで印象が変わることを実感できると思います。さらに同じ服でも見た感じが変わることが分かると観る目も養うことができます

ジャストサイズを着るだけできちっとしている感じが出るものです。素材や柄のパターンでの体型カバーは上級テクニックになるのでまずはジャストサイズを心がけましょう。

 

4、デートの私服でやってはいけないNGな服装

逆にデートの服装で男性がやってはいけないNGなものもあります。大丈夫だろうと思っていても自分では気付かないこともあるものです。これらのことをやってしまわないように注意しましょう。

まずアニメなどのキャラクターTシャツはウケがよくありません。ユニクロのUTなどでもキャラクターとのコラボTシャツがありますがデートで着ていくのはおすすめできません。あくまで家の中で楽しむようにしましょう。

デートファッションは基本的にシンプルなものを選ぶのが定石です。グラフィック系のTシャツもその人のセンスが表れるので自信がなければ避けたほうが無難です。場合によっては子供っぽくなってしまうものもあります。

デートでサンダルを履くのはやめましょう。サンダルは楽ですが、デートの服装としてはラフになりすぎます。夏でもスニーカーを履くようにしましょう。秋冬はカジュアルな革の靴などがおすすめです。

アクセサリー類はシンプルに身につけましょう。アクセをいっぱいつければオシャレになるかと言われればそうでもありません。逆に野暮ったくなりがちなのでつけるならシンプルにつけるようにしましょう。まずは時計だけでも十分です。同じように、重ね着すればオシャレになるわけでもありません。服装も機能性を無視しない範囲が一番良いと思います。

服装の前に身だしなみのチェックは最低限のデートマナーです。寝癖はないか?体臭も気になる人はシャワーを浴びてからデートへ向かいましょう。口臭は以外と気付かない盲点になりがちです。鼻毛が出ていないか、爪がのびきっていないか汚れがないかチェックしましょう、ひげもきちんとそってから出かけるようにしましょう。

 

スポンサードリンク

5、服選びが面倒なときはマネキン買いする

「正直デートのたびに服選ぶのなんて面倒くさい、、、」

「初デートの予定があるんだけど、やっぱり何を着ていけばいいのか分からない!」

デートの服装に迷ったときはマネキン買いをしてみるのもおすすめです。

マネキン買いとは、上下の服を合わせた全身コーディネイトをまとめて買うことができる通販です。

すべてプロがコーディネイトしているので、欲しいセットのサイズを選んで、届いた服をそのまま着ればOKです。

これならデートのときにどうしようと迷わなくて済みます。

マネキン1

マネキン2

マネキン買いができるおすすめの通販サイトは「メンズファッションプラス」です。

誰にでも似合うようなコーディネイトが多く、20代〜30代までのファッションになっています。

価格帯もわりとリーズナブルで、全身マネキン買いで15000円〜25000円ほどです。

「通販でも安心して買ってもらえるように」ということで後払いも可能・30日間の返金保証がついています。

もちろん洗濯済みの返品もOKです。

送料無料・即日発送対応してくれるので、急なデートの予定にも対応できます。

ファッション初心者でも着やすいベーシックなスタイルなら女の子から「ダサい、、、」とは思われないでしょう。

▼メンズファッションプラスの通販サイトはこちら▼

メンズファッションプラス

まとめ

男性の服装はアイテムが限られている。きちんとポイントを抑えればきちんと感が出て、オシャレに見えるようになります。

配色は2、3色までにまとめるようにしましょう。ネイビー、グレイ、白、黒が基本的な色になります。派手な色は差し色として小物で取り入れると効果的です。

何よりもサイズ感に気をつけましょう。ジャストサイズになるように服を選ぶときちっとした着こなしができると思います。時間に余裕があればサイズ違いで着比べながら服を購入することをおすすめします。

他にもこのような記事が読まれています。

・デートの基本は王道のデートプランがおすすめ

・共有体験がデートを成功させるポイント!

・デートを成功させるためには自然体でいこう!

・グダグダデートをなるのを防ぎ、メリハリデートをするためのポイント

・デートで緊張した時の対策法

・男性がデートで注意すべきチェックポイントとは?

・付き合う前のデートを楽しくするために必要なこととおすすめの場所

スポンサードリンク

 - デートスキル ,