「ラブかつ!」〜出会いがない社会人の恋活を応援します〜

「ラブかつ!」では社会人の恋活について、 恋愛の心構え・出会いの方法・メールテクニック・デートプラン・付き合ってから という各プロセスに分けてアドバイス、応援をするサイトです。

おすすめの婚活サイト「ブライダルネット」のまとめ

      2015/12/13

スポンサードリンク

ブライダルネット3

ブライダルネットは数ある婚活サイトの中でも1、2を争うくらい会員数が多く、知名度の高い婚活サイトです。

婚活サイトとしてはもっとも長く運営されていて、2015年時点で15年目になっています。

では、実際にブライダルネットが公表している会員データの統計を見てみましょう。

公表している具体的な数字を見たほうがどんな婚活サイトなのかイメージしやすいかと思います。

 

スポンサードリンク

1、ブライダルネットってどんな婚活サイトなの?

ブライダルネット会員数

ブライダルネットカップル数

会員数は男性が約62000人、女性は73000人となっていて、合計135000人の男女がブライダルネットで婚活しています。

男女比はやや女性が多いものの、ほぼ5:5でちょうどいいバランスを保っているのではないでしょうか。

その中で毎月13000名のカップル成立数があります。

ということは1ヶ月に約1割のメンバーがカップリング成立しているということになります。

3ヶ月で3割、半年で5割の計算ですね。

婚活の方法としてはまずまずの割合だと思います。

ブライダルネット年齢

次に年齢を見てみましょう。

男性は30代前半、女性は20代後半の人が中心に活動しているようです。

男性も女性もこれぐらいの年齢から結婚を意識し始めるくらいではないでしょうか。

 

ブライダルネットの特徴は年収やルックスなど従来型の条件検索サービスだけじゃなく、ソーシャル型の婚活サイトとして使えることです。

ソーシャル型の婚活というと、日記やfacebookのような「いいね!」をして趣味や価値観を共有できるということです。

結婚には年収やステータスも重要ですが、価値観が合わなければ結婚生活は長く続けることができません。

その点、ブライダルネットでは価値観が合った人を探しやすいというメリットがあります。

もうひとつのいいところは婚シェルという婚活サポートがあることです。

 

ブライダルネット婚シェル

ブライダルネットの婚シェルは入会してから出会い、マッチングの成立まで幅広いアドバイスをもらえるサービスです。

婚活サイトというと、自分一人で婚活しなきゃいけないように思われますが、婚シェルに相談すればどんなことでも丁寧に教えてもらえます。

例えば、魅力的なプロフィールの書き方や写真の撮り方、初めてのデートでどこに行けばいいのか、アプローチはどうやってすればいいのかまで、婚活が成功するためのノウハウを教えてもらえます。

他の婚活サイトにはこのように相談できるサービスはないので、婚活サイトを使ったことがない方には特におすすめできます。

ブライダルネット安全

当然のことですが、安全への取り組みもしっかりしています。

ブライダルネットで連絡先を交換できるのは本人確認ができた人だけです。

免許証や保険証などの写メをブライダルネットに送信する必要があります。

セキュリティは個人情報保護としてプライバシーマークを取得しています。

(プライバシーマークとは個人情報保護の体制を整備している事業者を認定する制度です。)

さらに、運営会社である株式会社IBJが経済産業大臣より「認定個人情報保護団体」として認定されています。

セキュリティポリシーの策定から、現場での運用に至るまでを徹底して管理していて、安心して利用できる環境作りがなされているようです。

 

スポンサードリンク

2、ブライダルネットの使い方

まずは自分のプロフィールを作る

ブライダルネットプロフィール

まずは登録してプロフィールを書いていきます。

プロフィールにはだいたいの年齢や職業、住んでいる都道府県などを記入します。

他にも年収、最終学歴、休日や仕事についてなど細かく設定できるようになっています。

もちろんあまり知られたくない情報は非公開にできますが、あまりに非公開情報が多いと誠実さに欠けてしまうかもしれません。

できるだけプロフィール欄は埋めておいたほうが誠実さをアピールできると思います。

また、趣味や自己PRなどを分かりやすく書くことによって、自分の個性や雰囲気が伝わるようになると思います。

このプロフィール作りはブライダルネットを使ううえで重要なアピールポイントになります。

特に、価値観が合うようなパートナーを見つけたいと思っている方は、自分のことを相手にも知ってもらう必要がありますよね。

例えば、音楽が好きなら好きなアーティスト、趣味やスポーツで最近ハマっているものなどを詳しく書くようにするといいでしょう。

プロフィールを書いたら、本人確認できるものをブライダルネットに写メで送ります。

といっても、免許証や保険証をスマホで撮って送信するだけです。

本人確認が取れると、相手の詳細なプロフィールを検索したり、メッセージのやりとりができるようになります。

自分の写真もできる限り載せておいたほうがいいでしょう。

ネットで婚活するからこそ、写真があるとどんな人なのかイメージしやすくなります。

顔写真ははっきり言って、イケメンかどうか、美人かどうかはあまり関係ありません。

僕もごく普通の顔です。

写真を載せることで、相手の人も安心してコミュニケーションできるようになると思います。

それでも写真を載せるのが恥ずかしいという方は無理に載せる必要はありません。

代わりにプロフィールをしっかり書いておきましょう。

僕も基本的には相手の顔が分かる、もしくはきちんとコミュニケーションできそうな方にアプローチしていました。

自分に合いそうな会員を探す

ブライダルネットマイページ2

プロフィールを書いたら、あとは自分に合った方法でパートナー探しを開始していきます。

とりあえず、婚活サイトにはよくある条件検索機能を使ってみましょう。

年齢はこれぐらいがいいとか、住んでいる場所や職業、体型、写真の有無などでフィルターをかけながら会員検索できます。

あまり厳しい条件で検索するとヒットする会員も少なくなってしまうので、住んでいる場所や年齢くらいで検索をしていくのがいいでしょう。

あとはプロフィールを見ながら気が合いそうな人をコツコツ探します。

さらに、日記機能を使ってみたり、自分がよく行くスポットなどがあれば、みんなのマップから探してみるのもいいでしょう。

これらの機能を使うと、趣味や価値観の合う人を見つけやすいのでおすすめです。

気になる相手が見つかったら、いよいよ「あいさつする」というボタンを押してアプローチをしていきます。

「あいさつする」を実行すると、相手に「あいさつ」が届きます。

これは「あなたとメールしたいです」という意味です。

気になった人に「あいさつ」を送る

ブライダルネット女性

相手の人はあなたのプロフィールや日記の投稿を見て、「あいさつ」を返すかどうか選ぶことができます。

このとき自分のプロフィールの記入を手抜きしていると、あいさつの成功率が低くなってしまいます。

せっかくプロフィールを見てもらってもいいかげんな感じだったり、全然プフィールが書けていなかったりすると、「この人とメールしてみよう!」と思いませんよね。

「この人とメールしてみたい!」と思ってもらうには「価値観が合いそう!」とか、「趣味が一緒!」などなにかしらの共通点がほしいところです。

できれば、写真もあったほうがその人となりもイメージしやすくなります。

「あいさつ」が成立すると、メッセージのやりとりができるようになります。

「ありがとう」と返事された場合は、やんわりお断りされたという意味です。

このときは残念ですが、素直に諦めて次の相手を見つけていきましょう。

何度も「ありがとう」でお断りされると一瞬凹んでしまいますが、そこは頑張りどころです。

メンタル面が弱くては婚活できませんし、地道に返事が返ってくるのを待ちましょう。

「あいさつ」が成立すると、1週間のメールのやりとりができるようになります。

この間にお互いのことをもう少し知っていくプライベートなやりとりができるようになります。

例えば、

「○○ さんはプロフィールに料理が好きって書いてありますが、どんなものをよく作るんですか?僕も料理が好きで、パスタとか和食を作ったりしています。」とか、

「△△さん音楽が好きなんですね!僕も音楽が好きでライブに行ったりしてます。最近はB’zとバンプのライブに行きました。△△さんはライブに行ったりしますか?」

というような感じでメールを送っていきます。

相手はどんなことに興味を持っているのか、そして自分はどんなことが好きなのかを相手に知ってもらいましょう。

メールのやりとりを続けて、お互いに気が合いそうかどうかを判断していきます。

もっと話したいが成立すると連絡先と名前が交換できる

ブライダルネットもっと話したい

この1週間が過ぎると、ついに連絡先を交換するかどうかを決めます。

「もっと話したい」が成立すると、連絡先と本名を交換できるようになります。

あとはラインなり、メールなりのやりとりを続けていきましょう。

ほどよいタイミングでデートに誘うのがいいと思います。

あまりメールやラインばかり続けてもダレてしまうからです。

「本当に私に(僕に)興味があるのかな?」と疑われては元も子もありません。

メールの回数にもよりますが、大体2〜3日程度メールのやりとりを続けて、1週間〜1ヶ月までには実際に会う約束をするとテンポがいいと思います。

3、ブライダルネットの利用料金

ブライダルネット料金2

ブライダルネットには2つの料金コースがあります。

月会費コースは入会金:0円 月会費: 3,000円(税込)

年会費コースは入会金:0円 年会費:30,000円(税込)

年会費のほうが安いですが、最初はどれぐらい活動するか分かりませんよね。

なので、月会費コースで登録をして、気に入ったら年会費コースに変更するのもありだと思います。

 

4、ブライダルネットへの登録方法

ブライダルネット登録2

まずはブライダルネット公式サイトから会員登録の申し込みをします。

登録はスマホで24時間いつでもできるようになっています。

資料請求したり、必要な書類の発送などめんどくさい手続きをしなくていいのは便利ですね。

スマホでの手続きが完了すると、仮パスワードやログイン方法など、活動までの手順を記載したファーストメールが送られてきます。

記載されたURLをクリックすると、マイページが開設されます。

ブライダルネットのまとめ

ブライダルネットは会員数も多く、カップリング成立数がかなり高い婚活サイトです。

従来の検索機能だけでなく、日記やマップ機能で価値観を共有しながら会員を探すことができる独自のサービスがあります。

分からないことがあれば婚シェルに相談できるというのも婚活サイト初心者にはおすすめできるポイントです。

料金も月3000円なので、手軽に婚活が始められるのではないでしょうか。

▼ブライダルネットに登録してみる▼

ブライダルネット


 

スポンサードリンク

 - 婚活の道のり , ,