「ラブかつ!」〜出会いがない社会人の恋活を応援します〜

「ラブかつ!」では社会人の恋活について、 恋愛の心構え・出会いの方法・メールテクニック・デートプラン・付き合ってから という各プロセスに分けてアドバイス、応援をするサイトです。

男はプライドの高い生き物である:自分のプライドを自信へと転換する方法

      2015/12/13

スポンサードリンク

a0003_000597

今回は男のプライドについて書いてみようと思います。
男性は一言で言うならプライドの生き物です

自分の存在価値と自尊心を非常に大切にして生きています

なぜかというと、現代の厳しい社会には競争原理があるからです。

野生の世界でも弱肉強食の厳しい世界で動物も生きています。

それは人間も同じです。

弱ければ徹底的にやられてしまいます。

そうなれば男性は自分自身も家族も守ることができません。

できるだけ自分の弱いところはさらけ出したくないはずです。

世の中にはすごい人はたくさんいます。

でもその人達と比べて、自分が能力的に劣っていることを知られたくないんです。

それは男性の本能でもあります。

では本能でもある男性のプライドとどう付き合っていけばいいのでしょうか?

プライドは上手に扱えば男性を大きく成長させることもできますが、

勘違いをしてしまえばただの見栄っ張り、ナルシストになってしまいます。

大事なポイントは どこにこだわるのか? ということです。

あまり自分自身にこだわると人の目ばかり気になってしまいます

自分はあの人より背が低い、顔がかっこよくない、年収が低いなどなど。。。

人の目を気にすれば気にするほど、

自分のことしか見えなくなります。

逆に周りへの配慮はできなくなります。

自分にこだわればこだわるほど、コンプレックスや欠点ばかりに目がいきます。

そうして落ち込むか、あるいはそれを隠すために見栄を張ります。

そうならないためには自分へのこだわりを徐々に捨てることです。

自分へのこだわりを捨てることができれば見栄を張らずに済みますよね。

しかし、そう簡単に見栄を捨てましょうとはいきません。

自分にこだわる代わりに、

何にこだわりをもつのが良いのか?

それは 人のためになることにこだわりを持つ といいと思います。

「自分はパソコンが得意だから人に教えられるくらい詳しくなろう。」とか、

「料理するのが好きだから、こだわって作って人に喜んで食べてもらおう」などなど。

こだわりは自分に向けてではなく、他の人のためになることにこだわりを持つといいのではないでしょうか。

人のためになることに力を向ければ、段々と自分へのこだわりは薄れていきます。

しかも人のためになることをすれば感謝もされます。

感謝されることにより自信も出てきますし、

大げさに言えば 社会に貢献できている という存在意義も持てるのではないでしょうか。

(僕も人の役に立てればと恋愛ブログを書いていますが、実際はなかなか難しいですね。汗 ちゃんと役に立つことを書けているかどうか不安でもあります。それでもまずは書いてみることを目標にしています。)

人に役立つところにこだわりを見せれば、それが自尊心や誇りにも繋がっていくと思っています。

見栄や自慢は女性に好かれませんが、内に秘めた自信のある男性はモテますよ。

このように男性のプライドは恋愛にも大きく関係しています。

男性は自分のプライドと上手く向き合うようにし、

内面から自信があふれるような男磨きができるといいですね。

スポンサードリンク

 - 恋愛の心構え , ,